労災のご相談なら【弁護士法人心 東京駅法律事務所】

労働災害相談@東京駅

Q&A

労災でケガをした場合の病院代はどうなりますか?

1 労災でケガをしてしまった場合

仕事中または通勤途中で労働災害に遭ってしまった場合の治療費や病院代については,労災保険により補償がされます。

もっとも,補償を受ける方法は,労災指定の病院であるのか,それ以外の病院であるのかによって異なります。

以下では,それぞれの場合についてご説明させていただきます。

2 労災指定の病院で治療を受ける場合

仕事中または通勤途中の事故などによって労働者が怪我をしてしまった場合,労災指定の病院(労災保険が使える病院)で治療をしてもらった場合には,「療養の給付」として,無料で治療を受けることができます。

療養の給付の内容としては,入院や介護等通常療養で必要なものも含まれます。

怪我の原因となる事故が仕事中のものであるのか,通勤途中のものであるのかによって医療機関に提出する用紙の種類が異なるので注意が必要です。

3 労災指定でない病院で治療を受ける場合

労災指定の病院以外で治療を受けた場合については,かかった費用をいったん自費で支払い,後日労働基準監督署からそのかかった費用相当額の金銭の支払いを受ける現金給付の制度を利用することができる場合があります。

受けた治療の内容によって,使用する請求書の種類が異なりますが,いずれも医師や薬剤師などの証明を受けて,支払った費用の領収書の原本を提出する必要があります。

そのため,支払った費用の領収書は確実に保管しておくことが大事です。

4 労災に関するご相談

弁護士法人心東京駅法律事務所では,労災のご相談について積極的に承っております。

労災でお悩みの際は,ぜひご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア